バラの花束の販売、アリアローズプランニング。バラ農園で丹精込めて造った新鮮なバラを皆様にお届けいたします。
aria Rose PlanningTEL/FAXでもご注文を受け付けております
aria Rose PlanningTEL/FAX:083-957-0873
aria Rose PlanningShopping CartMail
バラ園の紹介当園のバラ紹介バラのお手入れ方法お買い物方法お問い合わせhome
 


バラのお手入れ方法


バラを長持ちさせるためには


効果的な水あげをして、花びらや葉のすみずみにまで水分を行き渡らせれば、バラは長持ちします。最も基本的な水切り、その後の水揚げ方法を挙げました。1本1本を大切にし、丁寧に水揚げしましょう。


水切り

まず最初に、新鮮な水の中で水切りをします。
少し疲れたような花なら新聞紙に包み、もう一度水切りをして、茎や葉がすべてつかってしまう程度まで水をバケツなどに入れ、つけておきましょう。

水替え

意外とうっかりしてしまうのが、毎日の水替え。
必ず切り戻しをして、こまめに水替えしてください。水につかっている部分の茎と、花器の中もしっかり洗うこと。そのうえで延命剤を使用すれば、どんなバラも長持ちします。

葉やトゲは取る

葉の枚数が多ければ多いほど、水揚げの際、花まで届く水分は少なくなると考えられます。水につかってしまう葉はできるだけ整理しましょう。また、トゲがあって活けにくいときは、トゲも取り除きましょう。

トゲの取り方

花のすぐ下にある細かいトゲは、刺さると取れにくいので注意。傷つけないよう丁寧にしごいて取り除きましょう。他の大きなトゲは、横から親指で押すと簡単に取ることができます。

延命剤

延命剤を使用することによりバラを長持ちさせることができます。
延命剤には花の栄養となる糖分とバクテリアの発生を抑える殺菌剤が含まれています。水替えは毎日行った方が花持ちはいいですが、殺菌剤が含まれているため水は汚れにくいです。毎日の水替えが困難な(病院へお見舞いなど)場合にも効果を発揮します。
希釈して使用するタイプが一般的ですが、濃いと逆効果になりますので薄めて使用しましょう。


ページトップヘ